2022年のテーマ

2022年のテーマ
共創 共創

共創

Co-creation

新型コロナウイルス感染症によって開催中止を余儀なくされた、2020年のリフォーム産業フェア。開催中止は、1998年に本イベントがスタートして以来、実に初めてのことでした。

それから1年間、未曾有の状況下でそれぞれがさまざまな思いを抱えながら闘ってきました。そして、2021年9月、緊急事態宣言下ではありましたが無事に「リフォーム産業フェア2021」が開催されました。

例年より規模は縮小したものの、会場は活気に満ちており、たくさんの笑顔がありました。「やっぱりリアルはいいね」「開催してくれてありがとう」 ─そんな言葉を出展者、そして来場者の皆様にかけていただきました。

この2年間でさまざまなことが一気にオンラインにシフトしたからこそ、リアルで人と言葉を交わし、新しいサービスに出会ったり、商品に触れることができる展示会の価値を、改めて噛み締めています。

そして、業界の仲間たちと年に一度こうして集えることが明日への活力になっているのだと感じています。

私たちリフォーム産業新聞社の使命はリフォーム市場を盛り上げ、その先にある一人一人の暮らしを良くすることです。2022年もこの感染症が完全に収束することはないかもしれません。少なくともこれまでの当たり前が当たり前ではなくなり、人々の意識が変化していることは確かです。

そんな不安定な今だからこそ、業界の皆さんと手を取り合い、新しい時代のリフォーム市場を共に創っていきたいと思っています。

リフォーム産業フェアとはBuilders and Remodelers Show

出展をご希望の方へ

出展
ご希望の方へ

来場をご希望の方へ

来場
ご希望の方へ

pagetopへ